This is good for keep warming on cold day.

Starbucks Coffee Japan

温かいチョコレートスウィーツ - チョコラティ クランブル ココ


こんにちは。
ブログ編集長のアキラです。


真っ赤なクリスマスも過ぎ去り、冬もいよいよ本番。そして、冬の楽しみと言えば、やはり、真っ白な「雪」「チョコレート」では?


雪の中でココアを飲むシーンを想像してみてください。寒いのは憂鬱でも、なぜか心惹かれるものがありませんか?
チョコレートの甘さとミルクのやさしさが体にしみ渡り、体も心も温かくなっていく体験は、冬ならではです。


…ということで、ご用意しました。

冬にぴったりなココアが本日から登場です。それも、チョコレートケーキを食べているような感覚で楽しめる、ちょっぴりスペシャルなココアが!

チョコラティ クランブル ココ(右)、チョコラティ クランブル ココ フラペチーノ®(左)



スターバックスで、カフェ モカ や ココアを飲むのは久しぶり…という方もいらっしゃるのでは?


そんな方も、是非、一度試して頂きたいのが今回のドリンク。


チョコレートシロップをリニューアルしたので、これまでとは違った印象で楽しめると思いますよ。


新旧のココア飲み比べたところ、

「ずいぶんと大人っぽくなったなぁ」

というのが私の感想。

舌触りも滑らかに、カカオの香りの存在感もこれまで以上にアップした印象を受けました。


そして、チョコラティ クランブル ココ のポイントになっているのが「食感」


クランブル状のビスコッティとカカオニブがドリンクの中にも入っていますので、プチっとした食感がドリンクを飲みながら楽しめるのです。


ホットのドリンクでこういった食感を楽しめるのは、なかなか珍しいと思います。


加えて、ホイップクリームとシェイブチョコレート、そして、ドリンク内にも入っているビスコッティとカカオニブがトッピングされています。

最初の一口目には、これらのトッピングと、風味豊かになったココアが一緒に入ってきますので、まさにチョコレートのスウィーツを口にした印象。


チョコレートは冷たいもの。
チョコレートは固いもの。


そんな既成概念を打ち破った
「温かいチョコレートスウィーツ」

チョコラティ クランブル ココ は、まさに、そんな印象を与えてくれるドリンクでございました。


さて、年の瀬ですね。

今年は雪不足が騒がれたりして、それほど寒い冬にはならないのかなぁ…なんて思ってみたりしますが、少し暖かかったとしても「冬」には変わりはありません。


息が白くなって、「寒いなぁ」と思ったら、是非、スターバックスにお立ち寄りください。心も体も温まる新しいココアのドリンクをご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。

https://starbucks.amebaownd.com/posts/401464

Azusa's translation site

Please ask me to try translation as volunteer !

0コメント

  • 1000 / 1000